堺市、大阪市など大阪近郊で障害年金の請求・申請のご相談なら、大阪・堺障害年金相談室へどうぞ

800件以上の相談実績、豊富な経験と高い安心感

大阪・堺障害年金相談室

運営:上島社会保険労務士事務所

大阪府堺市南区城山台3丁20-6

無料相談実施中

土日・祝日も相談可能!
9時~21時まで対応

堺市・和泉市にお住まいの方へ

障害年金受給の関連情報

堺市・和泉市近郊にお住まいの方へ

堺市及び和泉市近郊の地域事情について説明いたします。ご本人様が単独で市役所や年金事務所に行かれて申請される場合、様々な思いもかけないことがありますので注意が必要です。
尚、初診日に入っていた年金制度により受付窓口は異なります。

年金事務所・市役所での受付について

堺市や和泉市近郊で年金事務所は、堺東年金事務所と堺西年金事務所があります。これらは日本年金機構のいわば直営の事務所です。又、全国社会保険労務士連合会が運営する年金相談センターが2か所(堺東年金相談センターとなかもず年金相談センター)があります。

上記の4か所の事務所及び市役所ならどんな相談者でも対応してくれるかといえばそんなことはありません。

(1)初診日にどの年金制度に入っていたかで受付場所が異なります。

初診日に厚生年金に加入の場合は、堺西年金事務所、堺東及びなかもずの年金相談センターで対応してくれます。しかし、堺東年金事務所は、障害年金のみならず、老齢年金や遺族年金の申請の受付はしていません。堺東年金事務所の道路を隔てた斜め前にある堺東年金相談センターで受付をしてくれます。

初診日に国民年金1号であった方(自営業・学生・パート・アルバイト、無職の方)は、市役所が対応しますが、堺西年金事務所、堺東及びなかもずの年金相談センターでも受け付けはしていただけます。

初診日に国民年金3号(専業主婦等)だった方は、市役所での対応はしてくれません。厚生年金同様、堺西年金事務所、堺東及びなかもずの年金相談センターでの受付になります。

初診日が20歳前の20歳前障害でのご申請だと、原則は市役所対応になります。年金事務所や年金相談センターの中には受け付けてくれないところもあります。(特に堺東年金相談センターは受け付けてくれません。)

初診日が共済組合に加入中であった方は、窓口は各共済組合になります。平成27年10月より共済組合と厚生年金は一元化されましたが、こと障害年金に関しては、従来通り初診日に加入していた共済組合での受付になります。

尚、市役所(区役所)では障害基礎年金の受付・相談のみを実施しています。(国民年金3号の方は年金事務所での対応です)
住民票や所得証明書を取る部署、生活保護の部署とも連携していますので、市役所のみのワンストップで障害基礎年金の申請が可能です。身体障害者手帳の相談受付部署と連携して国民年金担当課に紹介・連絡がいくようになっているところもあります。
特に知的障害者の方や発達障害者の方のご申請・受付が多いのが特徴です。フレンドリーな対応をしてくれます。


(2)受付の職員が必ずしも障害年金に経験豊富とは限りません。親切なコンサルティングは時間の制約で期待できません。

障害年金を専門に扱う上島社会保険労務士が、代理申請の為に年金事務所や年金相談センターを訪問して感じるのは、各職員の障害年金の知識・経験がマチマチで、受付対応される職員が必ずしも経験豊富とは限りません。中には間違った説明を私にしてくる職員もあり、一般の方にはどの職員が障害年金のエキスパートかは分かりません。又、職員も順番にお客様に対応しますので、相談者が希望するほどにはゆっくり相談に対応してくれません。
 

(3)病気の基礎知識を持った社会保険労務士に依頼するのが早道です。
年金の知識・経験と病気や医療の基礎知識を持った社会保険労務士に委任されるのが、一番の早道です。ご自身でやり始めたけれども結局できずに私に委任されるケースもあります。又、社労士がつかないと絶対認定には結び付かないと思われる案件も多々あります。無料相談を実施していますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

 

事例報告ー年金事務所の見解と異なる初診日で解決ー障害厚生年金2級の認定を受けるー人工透析の患者さん

腎不全の患者様から委任を受けました。年金事務所に出向き、病院からいただいた受診状況等証明書(初診の証明書)を見せ、保険料の納付要件を調べました。年金事務所の職員が複数名協議していただきましたが、職員の方々は高血圧症で初めて病院を受診した日を初診日と考えていました。しかし相談者とのヒアリングを行った結果、初診日は、高血圧で受診した日ではなく、腎機能の異常値が発見された日を初診日であると主張し請求を行いました。併せて医学的な根拠も指摘し意見書を添付しました。審査の結果、初診日は私が想定していた初診日で確定していただき、障害厚生年金2級を獲得することが出来ました。

医師との信頼関係の構築が重要

精神疾患を患っておられる方で、医師と波長が合わず病院を変えられた方もおられます。

一般的に、精神疾患の場合は、血液検査やレントゲンなどで数値等の客観的なデータが出るわけではないので、新しい主治医の先生が患者さんの体調・障害状態を把握するのに時間がかかります。新規に受診され、障害年金の診断書を依頼される場合は、6か月通院してほしいといわれるケースもあります。(もちろん個々の先生により判断は異なります)

診断書を依頼する場合においてもDRが協力的な対応をしてくれるとスムースに事が運びます。又、目標とする障害等級に結び付く可能性も高まります。やはり医師と患者さんとの信頼関係の構築が基盤になると考えています。

 

 

その他のメニュー

大阪・堺障害年金相談室の特徴や委任される場合のメリットを記載しています

障害の等級について説明しております。

障害認定日について説明しております。

無料相談・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご相談はこちら

050-7100-1004

携帯電話:090-9162-3635
受付時間:9:00~21:00
(土日、祝日も対応可能)

※お電話をかけていただいても面談中や外出中の場合は電話に出られないこともございます。その場合には伝言いただくか、下記のお問合せフォームからのご連絡をお願いいたします。原則12時間以内にご連絡いたします。


メールでのご相談なら

 無料相談実施中

お問合せはお気軽に 

050-7100-1004

土日・祝日も対応可能です。
受付時間は午前9時から午後9時までです。
お気軽にご相談ください。 携帯:090-9162-3635

下記のお問合せフォームよりご連絡いただければ、12時間以内にお客様にご連絡いたします。

代表者の上島です

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

対象地域

大阪府全域
大阪市:
北区、都島区、福島区、中央区、西区、天王寺区、浪速区、東成区、生野区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区その他
堺市:
南区、北区、中区、東区、西区、堺区、美原区
東大阪市、八尾市、和泉市、岸和田市、富田林市、大阪狭山市、松原市、河内長野市、高石市、泉大津市その他
京都府(京都市他)、兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市、伊丹市他)、和歌山県(和歌山市、橋本市他)、奈良県(奈良市、香芝市、橿原市、生駒市他)