堺市、大阪市など大阪近郊で障害年金の請求・申請のご相談なら、大阪・堺障害年金相談室へどうぞ

1,000件以上の相談実績、豊富な経験と高い安心感

大阪・堺障害年金相談室

運営:上島社会保険労務士事務所

大阪府堺市南区城山台3丁20-6

無料相談実施中

土日・祝日も相談可能!
9時~21時まで対応

相談事例

脳卒中(脳梗塞、脳出血)

 脳卒中でご請求の場合、最初の関門は「初診日の確定」です。複数の病院に受診されている場合は、因果関係のある病気・けがで最初に受診した日が「初診日」になります。

脳卒中脳梗塞の場合、その原因が心原性(心房細動等)なのかどうかも重要な判断材料になります。心房が小刻みに震える心房細動が起こりますと、心臓内に血栓ができやすくなり、この血栓が脳の血管まで運ばれるために脳内の血管が詰まり脳梗塞になります。(心原性脳塞栓症)

また脳梗塞が複数回あった場合には、一連のもの(多発性)なのか、脳内の全く別の場所での梗塞かどうかも確認する必要があります。

脳卒中のパターンによりそれぞれ初診日や障害認定日の取扱い方が異なりますので、詳しくは上島社会保険労務士までお問い合わせください。


  脳卒中脳梗塞、脳出血、くも膜下出血初診日から6か月たった時点で、症状が固定したと主治医が判断された場合には、初診日から1年6か月を待たずに、6か月たった時点で認定日請求ができる場合もあります。
但し、6か月経過後の症状固定の認定は、現在の審査ではかなり厳しくなっている状況です。これ以上機能の改善・回復の見込みがないー治療の効果が期待できない場合を症状固定とみなされます。機能回復を目指したリハビリテーション中であれば症状固定とみなされません。リハビリテーションをなさっておられても目的が機能回復を狙ったものなのか、現状維持を目的としているかにより判断が異なります。単に6か月経ったからと言って診断書を書いていただいても通る確率は低いです。

尚、症状が固定されておられない場合は、通常の障害認定日(初診日から1年6か月後)でのご請求となります。

脳卒中の場合、高次脳機能障害(記憶障害、注意障害、失認、失語症等)や言語障害を併発される方もおられます。

この場合は、精神の診断書や言語機能の診断書を取得いただくこともあります。なぜなら場合によっては併合認定が認められるケースもあるからです。

 脳卒中の後遺症としては以下のものがあります。
片麻痺、しびれ、失語(話せない)、飲み込めない等

さらに、高次脳機能障害もあります。例えば、注意障害(注意散漫)、失行(服の着方がわからない)、無視(左側を見落とすなど)、行動障害(怒りぽくなる等)

 リハビリテーションには3つの種類があります。
①作業療法OT-日々の生活の営みに参加する
②言語聴覚療法ST-コミュニケーション機能に障害がある方に発声・発話の訓練等
③理学療法PT-運動機能の維持改善(歩行訓練、機能訓練、起き上がる練習など)

通常、脳卒中では下記のパターンが多いようです。
発病から2週間程度:救急病院(日常生活能力の向上、拘縮予防、上肢・下肢機能訓練など)
3週目~半年程度:リハビリ病院(家事動作、屋外歩行)
退院後:自宅にて療養、デイサービスや生活リハビリセンター利用など
 

事例のご紹介

脳梗塞と脳腫瘍を併発され1級を取得 女性 和泉市

脳梗塞のため、右上肢機能障害になられた方で、脳梗塞の前に脳腫瘍も発見された方です。脳腫瘍及び1回目の脳梗塞と2回目の脳梗塞との因果関係が否定できないため事後重症扱いになられた方です。脳腫瘍と脳梗塞の受診状況等証明書が必要になりました。診断書は肢体の診断書を入手されました。事後重症扱いで障害年金1級の認定を受けられました。
<成功要因>
①保険料の納付要件は、第3号の期間(サラリーマンの妻の期間)が長かったので特に問題ありませんでした。
②脳腫瘍と脳梗塞の受診状況等証明書(初診の証明書)をそれぞれ別の病院でしたが入手できました。
③ご主人が積極的に主治医に合われ、必要な情報をお聞きいただけました。

脳梗塞で障害年金2級を獲得された事例 男性 堺市

脳梗塞により左上肢機能全廃になられた方です。リハビリテーションの先生に初診から10か月後に診断書の打診をしましたが、この方の場合は初診から10か月後では症状固定はしていませんでした。最終的には1年半後に認定日請求を行い、障害年金2級を獲得されました。

脳出血で障害年金1級を獲得された事例 女性 堺市

平成27年8月10日に嘔吐、下痢、意識が急になくなりました。堺市内の救急病院へ救急搬送されました。同日手術をし、脳室のドレナージをしました。脳内出血の診断でした。ICU3日間入院し、意識が戻りました。平成27915日に退院しました。日にリハビリ中心の病院へ移りました。かなり出血がひどく、栄養剤をチューブで鼻から入れました。かなりハードなリハビリを13時間行いました。平成28231日に退院しました。その後は1か月1回程度受診し、投薬を受けています。尚、平成2831日から自宅付近の訪問介護・デイサービスの施設に行きました。3日に1回程度装具をつけて歩く練習やマッサージ(ストレッチ)を受けています。1か月のうち2324日間通っています。

<コメント>

①当初、初診日から6か月後に問い合わせを受けましたが、症状固定されていない様子でしたので、医師が症状固定というまで申請は困難と説明しました。

②結局症状固定日は、初診日から1年半経った時期になり、その時を障害認定日として診断書を主治医に記入いただきました。車いす生活と言語障害をお持ちでした。

③肢体障害と言語機能障害がありましたので2つの診断書を依頼しましたが、肢体障害の診断が一番重い状態で記載されていました。

➃無事障害基礎年金1級をもらえホッとしています。現在は車いす生活を余儀なくされ、病院へ行くにもご家族に車に乗せてもらって通院しています。一番重い障害状態で認定を受け、ご家族も満足されておられました。

その他のメニュー

手続きの流れ

手続きの流れについて説明しております。

受給できる金額について

受給できる金額について説明しております。

障害の程度(等級)

障害の程度(等級)について説明しております。

無料相談・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご相談はこちら

050-7100-1004

携帯電話:090-9162-3635
受付時間:9:00~21:00
(土日、祝日も対応可能)

※お電話をかけていただいても面談中や外出中の場合は電話に出られないこともございます。その場合には伝言いただくか、下記のお問合せフォームからのご連絡をお願いいたします。原則12時間以内にご連絡いたします。


メールでのご相談なら

 無料相談実施中

お問合せはお気軽に 

050-7100-1004

土日・祝日も対応可能です。
受付時間は午前9時から午後9時までです。
お気軽にご相談ください。 携帯:090-9162-3635

下記のお問合せフォームよりご連絡いただければ、12時間以内にお客様にご連絡いたします。

代表者の上島です

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

対象地域

大阪府全域
大阪市:
北区、都島区、福島区、淀川区、中央区、西区、天王寺区、浪速区、東成区、生野区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区その他
堺市:
南区、北区、中区、東区、西区、堺区、美原区
東大阪市、八尾市、和泉市、岸和田市、富田林市、大阪狭山市、松原市、河内長野市、高石市、泉大津市
豊中市、吹田市、摂津市、茨木市その他
京都府(京都市他)、兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市、伊丹市他)、和歌山県(和歌山市、橋本市他)、奈良県(奈良市、香芝市、橿原市、生駒市他)