堺市、大阪市など大阪近郊で障害年金の請求・申請のご相談なら、大阪・堺障害年金相談室へどうぞ

800件以上の相談実績、豊富な経験と高い安心感

大阪・堺障害年金相談室

運営:上島社会保険労務士事務所

大阪府堺市南区城山台3丁20-6

無料相談実施中

土日・祝日も相談可能!
9時~21時まで対応

相談事例

知的障害(精神遅滞)

 先天性の知的障害でのご請求の場合、複数の医療機関を受診されておられても、通常初診の証明書(受診状況等証明書)の取得は不要です

 しかし、てんかんや統合失調症などの別疾患を伴っておられる場合は、別途てんかんや統合失調症の初診の証明が通常必要になります。

 先天性の知的障害のご請求の場合、20歳前の傷病による請求となり、20歳に達した日の前後3か月以内の現症日の状況が書かれた診断書を入手いただくことになります。
尚、20歳時点の認定日に医療機関を受診されていない場合は、現在の症状での請求(事後重症による請求)が可能です。

  療育手帳を持っておられる方が多いと思いますが(大阪だと症状が重い順にA,B1,B2)、Aだと障害等級1級になる可能性もあり、逆にB2だと障害等級2級になる方と3級で不支給になる方に二分されます。

 診断書では臨床検査値の記入は必要で、IQ(知能指数)やDQ(発達指数)を記載される先生が多いようです。また未記載でも最新の更新済みの療育手帳のコピーが添付されておれば問題ありません。

 診断書は精神用のものを使い、記載いただく先生は小児科や精神科の先生にご記入いただく必要があります。(一般内科の先生は不可)

  最近では、障害者雇用の枠での就労でありながら、障害基礎年金の支給が認められないケースが増えています。
 特に平成28年9月以降は、新しく策定された「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」に基づき審査や等級認定がなされます。就労関係については、仕事の内容がどのようなものかー単純作業や反復的な作業が中心なのか、職場の同僚・上司との間でコミュニケーションが取れた状況か否かなども重要なポイントになります。常に会社側から(上司から)の指導や管理が必要ならば2級の可能性もでてきます。
 作業所の通所については、直ちにそれを理由に不利な扱いになることはありませんが、具体的な作業(訓練)を明記するなりの工夫が病歴・就労状況等申立書に求められます。

詳しくは大阪・堺障害年金相談室の上島社会保険労務士までお問い合わせください。もちろん初回相談無料です。

 

事例のご紹介

障害基礎年金2級獲得 女性 大阪市 

平成27年4月頃、手の震えや過呼吸になり、体調を崩しました。近くの内科クリニックを受診したところ、精神系の病院を紹介してもらいました。その後精神病院を初めて受診しました。今まで精神疾患では病院へ行ったことはありませんでした。当初はうつ病との判断を受けましたが、その後DQの検査をした結果、DQは50未満であり、知的障害、パニック障害の診断を受けました。

<コメント>

①申請はご家族の支援もいただき、円滑にいきました。障害者の方単独ではスピーディーに進めることが困難なケースが多いです。
②相談にはご両親も同席されましたので、幼少時の出来事などを具体的にご両親からお聞きすることが出来、病歴就労状況等申立書に反映することが出来ました。
③現在はアルバイトもできない状態でしたので、診断書には就労困難と記載いただきました。

 

 

 

障害基礎年金2級獲得 男性 堺市 

幼少のころから同年齢の子供たちとなじめず問題児と言われたことがありました。中学や高校時代には妄想や幻覚もありました。薬の大量服薬やリストカットも何度も経験され、救急車で病院へ運ばれています。現在も就労は出来ず、自宅で過ごされています。

<コメント>

①申請は当初20歳時点の認定日請求を想定していましたが、診断書の記載が軽症でとても申請ができる内容ではありませんでした。その為、急遽事後重症の請求(現在の障害状態)のみでの申請となりました。

②軽度の知的障害とそううつ病を患っておられましたが、そううつ病の発病や最初の診断時期は不明でした。しかし知的障害を患っておられたので、前発の知的障害と後発のそううつ病(双極性障害)は同一疾患であるとみなして申請を行いました。その際、厚労省からの通知文書などを参考にして確認いたしました。

③20歳以降ほとんど仕事らしい仕事をされておられなかったので、診断書には就労不能と記載いただきました。

 

 

 

知的障害の一般的事例 

1歳半健診や3歳での健診で、病院・保健所等から言葉の遅れなどを指摘されるケースや少年期は養護学校や支援学校に通学されておられた方が多いです。学業については残念ながら苦労された方が大半です。障害の程度によりますが、学校を卒業後に作業所に通っておられる方もおられます。一般的には20歳になった時に、障害基礎年金の認定日請求をされます。又20歳を過ぎてから、例えば25歳になってから障害基礎年金の請求をすることは可能ですが、20歳時点で医療機関に通院されておられない場合は、事後重症の請求(現時点の障害状態での申請)を行います。

その他のメニュー

手続きの流れ

手続きの流れについて説明しております。

受給できる金額について

受給できる金額について説明しております。

障害の程度(等級)

障害の程度(等級)について説明しております。

無料相談・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのご相談はこちら

050-7100-1004

携帯電話:090-9162-3635
受付時間:9:00~21:00
(土日、祝日も対応可能)

※お電話をかけていただいても面談中や外出中の場合は電話に出られないこともございます。その場合には伝言いただくか、下記のお問合せフォームからのご連絡をお願いいたします。原則12時間以内にご連絡いたします。


メールでのご相談なら

 無料相談実施中

お問合せはお気軽に 

050-7100-1004

土日・祝日も対応可能です。
受付時間は午前9時から午後9時までです。
お気軽にご相談ください。 携帯:090-9162-3635

下記のお問合せフォームよりご連絡いただければ、12時間以内にお客様にご連絡いたします。

代表者の上島です

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

対象地域

大阪府全域
大阪市:
北区、都島区、福島区、中央区、西区、天王寺区、浪速区、東成区、生野区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区その他
堺市:
南区、北区、中区、東区、西区、堺区、美原区
東大阪市、八尾市、和泉市、岸和田市、富田林市、大阪狭山市、松原市、河内長野市、高石市、泉大津市その他
京都府(京都市他)、兵庫県(神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市、伊丹市他)、和歌山県(和歌山市、橋本市他)、奈良県(奈良市、香芝市、橿原市、生駒市他)